アートインテリア

お役立ちコラム

BLOG

コラム

屋根リフォームの種類とそれぞれの費用相場を解説!|大和・綾瀬・藤沢・横浜周辺のリフォームならアートインテリア

2023.11.20

【はじめに】

雨や雪、飛来物などからお家を守ってくれる屋根。

安全に暮らすためにも、屋根の定期的なメンテナンスは欠かせませんが、屋根の劣化は住んでいる人には意外とわかりにくいものです。

そのため、屋根の傷みを業者から指摘されても「何から始めて良いのかわからない」という方も少なくありません。

ここでは、屋根のリフォームにはどのような種類があるのか、費用相場はどれくらいかなど、屋根リフォームについて詳しくご紹介します。

【目次】

①屋根のリフォームにはどのような種類があるのか?

②屋根リフォームの費用相場はどれくらい?~工事の種類別~

③屋根リフォームの費用相場はどれくらい?~屋根材別~

④屋根リフォームの費用を抑える方法とは?

⑤施工事例

⑥神奈川県大和市・綾瀬市・藤沢市周辺でリフォームをお考えならアートインテリアへ

 

①屋根のリフォームにはどのような種類があるのか?

屋根リフォームの代表的な工事には、「屋根塗装工事」「屋根カバー工法(重ね葺き工事)」「屋根葺き替え工事」の3つがあります。

それぞれの特徴を詳しくご紹介します。

 

・屋根塗装工事

屋根塗装工事は、屋根を新しくするのではなく塗装によって防水性などを高める工事のことです。

見た目が美しくなるのはもちろんですが、塗装することで劣化を防ぎ雨漏りなどから住宅を守れるようになります。

メンテナンスやリフォームの一環として行うもので、屋根の傷みが軽度の場合に効果的です。

メリットは、塗料の種類によっては費用を抑えられること、工期が短いことです。

デメリットは、塗り替えの頻度が増加すると費用が嵩む傾向にあること、傷みがひどい場合は対応できないことです。

 

・屋根カバー工法(重ね葺き工事)

屋根カバー工法とは、既存の屋根はそのまま残して上から新しい屋根を被せる工事のことです。

大きな補修を必要とする場合でも対処可能で、屋根葺き替えよりも費用を抑えることができます。

メリットは、解体費用や撤去費用がかからないこと、工期が比較的短いことです。

デメリットは、湿気がたまらないように換気口をつけるための工事費が発生することです。

 

・屋根葺き替え工事

屋根葺き替え工事とは、既存の屋根を解体、撤去して新しい屋根を設置する工事のことです。

スレート瓦やガルバリウム鋼板、日本瓦などさまざまな屋根材を選ぶことができます。

メリットは、屋根の下の防水シートごと交換するため耐久性に優れ建物自体の寿命を伸ばせること、軽い屋根材を選ぶことで地震による倒壊リスクを下げられることです。

デメリットは、屋根リフォーム工事の中で最も費用がかかることです。

 

 

②屋根リフォームの費用相場はどれくらい?~工事の種類別~

屋根リフォームの工事種類別にみた費用相場は、以下の通りです。(建坪20坪の場合)

・屋根塗装工事:35~120万円

・屋根カバー工法(重ね葺き工事):80〜140万円

・屋根葺き替え工事:70〜200万円

 

費用順にみると、屋根塗装工事が最も安く、屋根葺き替え工事が最も高くなります。

ただし、費用が安い屋根塗装工事で傷みの激しい屋根を補修することはできません。

予算だけではなく、ご自宅の屋根の傷み具合やそれぞれのメリット・デメリットを踏まえた上で、選択することが大切です。

③屋根リフォームの費用相場はどれくらい?~屋根材別~

屋根リフォームの費用を大きく左右するのが、使用する屋根材です。

屋根葺き替え工事を行った場合、屋根材別の費用は以下の通りです。

 

・ガルバリウム鋼板での屋根葺き替え工事:8,400~円/㎡

ガルバリウム鋼板は、サビにくく耐久性に優れた屋根材です。

薄くて軽いにもかかわらず強度もしっかりとあるため、地震にも強いという特徴を持っています。

加工や着色の自由度も高く、さまざまなデザインに対応することも可能です。

 

・ジンカリウム鋼板(天然石粒付き屋根)での屋根葺き替え工事:1,500~円/㎡

ジンカリウム鋼板は、アルミニウムと亜鉛、シリコンの合金に天然石の粒をコーティングした屋根材です。

耐久性や強度が高いことに加えて、表面の天然石コーティングによって防音性や耐熱性も高くなっています。

費用は天然石コーティングの分だけガルバリウム鋼板よりも高価になっています。

 

・ルーガでの屋根葺き替え工事:15,000円程度/㎡

ルーガは、ケイミュー株式会社が販売する瓦屋根です。

一見普通の瓦屋根に見えますが、瓦屋根に比べると重量は半分、さらに割れにくいという性質を持っています。

 

・トタン(瓦棒)での屋根葺き替え工事:6,000~円/㎡

トタンとは、薄い鉄板に亜鉛メッキを施した屋根材です。

費用が安いという特徴がありますが耐久性は短めで、近年はトタンに代わってガルバリウム鋼板が使用されることが多いです。

 

・コロニアル(スレート瓦)での屋根葺き替え工事:12,000〜円/㎡

コロニアルは、ケイミュー株式会社が販売するスレート瓦です。

元々は商品名でしたが、市場シェアのほとんどを占めていたためスレート瓦をコロニアルと呼ぶようになりました。

特徴は低価格と豊富なデザイン、軽量なのに耐久性に優れていることです。

ただし、防水性がないため定期的に塗装が必要なこと、ひび割れが起こりやすいといったデメリットもあります。

 

④屋根リフォームの費用を抑える方法とは

屋根リフォームの費用を抑えるには、以下のポイントをチェックしましょう。

・複数の業者から見積もりを取る

複数の業者に見積もりを依頼することで、屋根リフォームの適正価格を知ることができます。

2〜3社から同じ条件で見積もりを取り、その中から一番安い業者を選ぶと良いでしょう。

ただし、大幅に安い場合は工事のクオリティに問題がある場合があります。

これまでの実績や評判をよく調べた上で、納得のいく業者に依頼しましょう。

・補助金制度を活用する

屋根リフォームに使える補助金制度はいくつかあります。

内容や補助金額は自治体によって異なるため、お住まいの自治体のホームページなどで確認してみましょう。

・火災保険を申請する

自然災害による屋根の破損の場合、火災保険が申請できる可能性があります。

どこまで保険が適用になるかは入っている火災保険によって異なるため、保険証券などで確認してみましょう。

・外壁リフォームなどと同時に行う

外壁リフォームなど、他のリフォームと一緒に行うことで、足場代などの費用を一回で済ませることができます。

屋根の他に気になる箇所がある場合は、一緒にできないか検討してみましょう。

 

➄施工事例のご紹介

                   こちらは瓦屋根からコロニアル屋根にリフォームを行った際のビフォー(上)アフター(下)です。

 

こちらは瓦屋根からエコグラーニ屋根にリフォームを行った際のビフォー(上)アフター(下)です。

 

 

 

⑥神奈川県大和市・綾瀬市・藤沢市周辺でリフォームをお考えならアートインテリア

屋根リフォームの種類とそれぞれの費用相場について詳しくご紹介しました。

屋根リフォームにはいくつかの種類があり、どの屋根材を使うかでも費用が異なります。

工事や屋根材にはそれぞれ異なるメリット・デメリットがあるため、よく理解した上で最適なものを選択しましょう。

神奈川県大和市・綾瀬市・藤沢市・横浜市周辺でリフォームをお考えならアートインテリアにご相談ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Top