アートインテリア

営業君の独り言ブログ

BLOG

介護系

介護保険住宅改修 TOTOバスピア1616

2007.12.16

こんばんわ、(・ω・)ノ営業です。

今回のお題は介護保険住宅改修、場所は藤沢市、藤沢市の介護保険課はちょくちょく行っているので申請も楽です。

実は今回のお宅は10月5日にUPした同じく介護保険と障害の住宅改良費を使用したバスピア1620の施主様のご実家です、あの直後にIHヒーターのご発注を頂き施工時にお風呂もお願いしたいとお言葉を頂き、施工となりました+.(ノ。・ω・)ノ。

B1

A1 ←before        after→

既存のお風呂はバランス釜で洗面所からの段差約13センチ、手すりも無くタイル張りでした。

寒そうだし掃除も大変そうでした。                                             

B2 A2

バランス釜を撤去して入口横にL型600X400の手すりを設置しました。浴槽は耐久性とお掃除を考え、人口大理石のネオマーブバスへ(息子さんの所のバスピアを参考にされていたのでプランニングも非常に楽でした)

                                            

B3 A3

段差も無くなりバランス釜の所も浴槽になりスッキリしました。

特に高齢の方がいらっしゃるお宅の浴室は余計な段差や出っ張りを出来るだけ無くした方が安全だしお掃除も楽です。                                    

                                                    

Bb Aa

全然違うお風呂みたいでしょ!システムバス(一般にはUB、ユニットバスって呼ばれますが)リフォームをすると、こ~んなに変わります。

見栄えだけで無くお掃除なんか何十倍も楽になります。                                    

A4 ←給湯器もオートタイプを新設、今まで蛇口から落とし込んでいたのがボタンひとつで設定湯量に湧き上がりますし追い焚きもボタンひとつ。

最新型なので、今までのバランス釜に比較して安全性も使い勝手も格段にUP、ガスの消費量も減るしリモコンで浴室から台所の呼び出しも出来る!至れり尽くせりって感じです。

                                                   

A5_2写真でご覧頂くと窓が2ヶ所、向かって左側が外壁、右側が廊下側になっています。

本格的に寒くなる時期を前にしての施工でしたので今年の冬は快適な入浴をお楽しみ頂けると思います。

介護保険課への完了届けも済ませたし、後は住宅改修費の給付金が振り込まれるのをお待ち下さい。

と言うことで今回も無事終了いたしました。

現場から営業でした(。・ω・)ノ

Top