アートインテリア

営業くんの独り言ブログ

BLOG

介護系

介護保険 住宅改修 スタート

2007.07.17

こんばんわ、(。・ω・)ノ 営業です。

今回のスタートは地元、大和市のマンションです介護保険の要介護認定と障害者手帳をお持ちの施主様で現在は老健(前にも書いたけど介護老人保健施設の略ね)に入所中です。

退所前にお嬢様がキーパーソン(まっ、この場合は住環境の整備の為にご家族の中で中心となる方ですね)になって計画を進めてきました。

リフォームの内容は、①車椅子対応のフローリング3部屋 ②トイレ、洗面所の入口をドアから、それぞれ引戸、折れ戸に変更 ③トイレ、浴室に手すり取り付け ④洗面所を車椅子対応に変更 etcです。

今回、介護保険の補助と障害者手帳の補助を受ける為に、営業は大和市役所の高齢介護課&障害福祉課へ行ってきました・・・結果、非常に好印象!でした。

介護保険の住宅改修費申請で色々なお役所へ行きましたが、対応の早さ、親切さでトップクラスでした(あえて書かないけど過去にひどい目有った事があります・・・(T-T)

1_60

11_16 和室ですね、ココをフローリングにして寝室に使用します。

→は、畳を外して床下地の状態になった所です。

2_61 22_2

洋室です、既存はカーペットですが、ここもフローリングに変更します。

→カーペットを剥がして、クッション材のフェルトが出て来た所です。

3_50 33

洗面所ですね、既存の洗面化粧台は大きく、車椅子利用時に邪魔になるのでコンパクトなバリアフリータイプ洗面ボウルにします。

使い勝手を考えて場所も移設します。

4_50 これが今回使用する大建のフローリング材、オトユカローレルです、集合住宅用で防音、車椅子対応(ヘコミにくい、傷が付き難いって事ね)、WAX不要!と、前回使用したダイハードアートを凌ぐ超スグレもの床材です。

                                                     

                                                    

5_49 和室の床下地に更にレベル合わせの為の下地を作って行きます、外した畳の厚さが55㎜、フローリングが13.5㎜ですから差し引き41.5㎜分、下地を嵩上げします。

順調に行けば明後日には仕上がったフローリングをご覧頂けると思います。                                                  

現場から営業がお送りしました。(・ω・)ノ

Top